top of page
  • 不老の郷

不老の郷の年末風景

令和4年の残りあとわずかになりました。今年はコロナの蔓延、大規模改修とご利用者及びご家族の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

現在は、普段の姿を取り戻し、平穏な日々を過ごしております。そんな年末の姿をお届けします。


12月と言えども天気の良い日は日に当たると暖かいです。隣の駒形公園に行き散歩などもしております。お元気な方はブランコにも乗っておられます。

また、新年の準備としてお習字で正月など書き新年への心づもりをします。

クリスマスの前に飾りを作ったり、ケーキを作ったり(クリスマス前に食べておりますが・・・)


12月は7日にブリの解体ショー―があったり、21日に忘年会でお寿司が出たりしましたが、食べたりない人は出前を取って好きな物を召し上がっておられます。


25日はクリスマス会、女性職員による「ハンドベル」できれいな音色を聞き、引き続き男性職員による「マツケンサンバ」が披露されました。

興味のある方は下の動画をご覧ください。




来年もよろしくお願いいたします。

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page